:Vプリカ35
29
2018
06

Vプリカをオススメ(お金ストア紹介)

お金ストアはVプリカをオススメについて紹介します。Vプリカはとても便利で使いやすくプリペイドカード業界でもトップクラスです。Vプリカは、今までクレジットカードが使えないからと諦めていたお悩みをズバっと解決してくれる頼もしいカードです。しかも、時間のかかる申し込みや審査がないため、すぐに使えてネットショッピングがラクラクできちゃいます。コンビニで簡単に購入できますので、ぜひ利用してみてくださいね!しかし、最近プリペイドカード業界で注目を浴びている『GAICA』というカードが急成長を遂げており、ユーザーの間で『便利でお得!』と話題になっています。これまではライバル不在によりVプリカの独占市場でしたが、新生銀行グループが発行する『GAICA』の参入によって立場が逆転傾向にあるのです。以上はお金ストアがVプリカをオススメについての紹介です。


29
2018
06

VプリカとGAICAの違いをメリット・デメリットで比較!

お金ストアはVプリカとGAICAの違いをメリット・デメリットで比較について紹介します。①GAICAは満13歳以上から入会可能で親バレを回避できる!②チャージ手数料が発生しない!③実店舗でも使える!④海外ATMで現地通貨の引き出し可能!⑤余ったチャージ金は口座へ自由に戻せる!以上はお金ストアがVプリカとGAICAの違いをメリット・デメリットで比較についての紹介です。


29
2018
06

VプリカとGAICAのスペック比較

お金ストアはVプリカとGAICAのスペック比較について紹介します。VプリカGAICA年齢制限18歳以上満13歳以上年会費無料無料入会金無料無料チャージ手数料1回200円ほど無料海外現地ATM引き出し手数料対応なし為替手数料:4% ATM手数料:200円/1回審査不要不要不要提出書類なし本人確認書類発行期間即日1週間以内実店舗利用不可可能匿名可能不可以上はお金ストアがVプリカとGAICAのスペック比較についての紹介です。


29
2018
06

Vプリカの「コンビニ端末から購入」と「コンビニ支払い」

お金ストアはVプリカの「コンビニ端末から購入」と「コンビニ支払い」について紹介します。Vプリカをコンビニで購入するためには「コンビニ端末から購入」と「コンビニ支払い」の2つの方法があります。似ているようで微妙に違うこの2つの購入方法の違いは一体なんなのでしょうか?2つの支払い方法について詳しく見ていきましょう。①コンビニ端末から購入 コンビニ端末から購入しレジで現金払い。 ②コンビニ支払いネットで購入手続き後、決済方法でコンビニ支払いを選択し、コンビニのレジで現金払い。(現在この方法は停止中)コンビニ端末からの購入とコンビニ支払いはどちらも最終的にはコンビニのレジでお金を支払います。しかし、レジで支払うまでの『決済方法手続き』に違いがあります。以上はお金ストアがVプリカの「コンビニ端末から購入」と「コンビニ支払い」についての紹介です。


29
2018
06

Vプリカ購入手数料はいくら?

お金ストアはVプリカ購入手数料はいくらについて紹介します。コンビニでのVプリカ購入手数料は200円~390円となっています。購入可能な金額上限はコンビニとネットで異なりますが、手数料に関してはどちらで購入しても同じです。利用可能額購入金額(手数料込み)手数料コンビニ購入ネットで購入(クレカ/ネットバンク)500円700円200円–○1,000円1,200円200円–○2,000円2,200円200円○○3,000円3,200円200円○○5,000円5,200円200円○○7,000円7,280円280円○–10,000円10,200円200円–○10,390円390円○–20,000円20,200円200円–○30,000円30,200円200円–○以上はお金ストアがVプリカ購入手数料はいくらについての紹介です。


29
2018
06

Vプリカを購入するのに年齢制限はあるのか?

お金ストアはVプリカを購入するのに年齢制限について紹介します。子供や高校生などの未成年でもVプリカは購入できるのでしょうか?Vプリカを発行する(株)ライフカードが公式ページに記載している利用規約では、18歳未満の個人は利用が禁止されています↓↓ 第4条(Vプリカを利用できる者) 1.会員登録手続きが完了し、会員となった者がVプリカを利用することができます。 2.以下のいずれかに該当する者は、Vプリカの利用はできません。 (1) 18歳未満の個人 (2) 反社会的勢力(【反社会的勢力の排除について】第1項各号に定める者)に該当する者 (3) 虚偽の登録情報でアカウント開設をした者 (4) 自己で購入(ポイント交換等対価を伴うケースを含む)していないVプリカを利用する者(Vプリカギフトの登録を除く) (5) 法人専用アカウント内のVプリカを、商用または社用に係る経費等の決済以外に使用する者 (6) データ通信専用の電話番号など当社からの電話連絡が不能な電話番号が登録状態にある者上記利用規約の通り、Vプリカには『18歳以上』というアカウント開設のための年齢制限が設定されています。しかし、コン


29
2018
06

Vプリカギフトなら未成年でも利用可能!

お金ストアはVプリカギフトなら未成年でも利用可能かについて紹介します。Vプリカギフトなら、18歳未満の未成年でも利用が可能となっています。 第4条(Vプリカギフトの購入・譲渡・譲受・利用条件) 3.Vプリカギフトは、18歳未満の方による購入はできません。 ただし、Vプリカギフトの譲受・利用において、年齢の定めはありません。 引用元:Vプリカギフト利用規約つまり、第3者から譲ってもらったVプリカギフトなら、未成年でも利用可能というわけです。以上はお金ストアがVプリカギフトなら未成年でも利用可能についての紹介です。


28
2018
06

Vプリカをコンビニで購入する時の注意点

お金ストアはVプリカをコンビニで購入する時の注意点について紹介します。Vプリカをコンビニで購入する場合、購入する券種(金額)に関係なく、1枚あたり200円の手数料が発生しています。購入時に表示されている金額は手数料込みの金額になるので、たとえば3200円券を購入した場合、Vプリカにチャージされる金額は、3200円(支払った金額)-200円(含まれている手数料)=3000円(Vプリカの残高になる金額)となります。以上はお金ストアがVプリカをコンビニで購入する時の注意点についての紹介です。


28
2018
06

デイリーヤマザキ、セイコーマートでVプリカを購入する方法の紹介


デイリーヤマザキ、セイコーマートでVプリカを購入する方法の紹介
お金ストアはデイリーヤマザキ、セイコーマートで購入する金額のVプリカを申し込みについて紹介します。デイリーヤマザキ、セイコーマートでVプリカを購入するには、店頭のサンプルカードをレジに直接持って行きます。購入したい金額を店員さんに伝え、支払いを済ませましょう。印刷されたプリペイドIDシートを渡してもらえるので、そこに印刷されている発行コードをマイページから入力します。以上はお金ストアがデイリーヤマザキ、セイコーマートで購入する金額のVプリカを申し込みについての紹介です。


28
2018
06

サークルK、サンクスでVプリカを購入する方法の紹介


サークルK、サンクスでVプリカを購入する方法の紹介
お金ストアはサークルK、サンクスで購入する金額のVプリカを申し込みについて紹介します。サークルK、サンクスでVプリカを購入するには、Kステーションから次のような手続きをして発券処理を行います。・Kステーションのトップ画面から「ネットプリカ」を選択します。・「電子マネー」をタッチ、注意事項が表示されるので、次に進む場合は「次に進む」をタッチ。・ネットプリカの中から「Vプリカ」を選択します。・購入する金額を選択します。・注意事項を確認し、次に進む場合は「はい」をタッチ。・購入金額の確認画面が表示されます。よければ「次に進む」をタッチ。・注意事項を確認し、次に進む場合は「はい」をタッチ。・印刷された申し込み券を持ってレジで支払いを済ませましょう!以上はお金ストアがサークルK、サンクスで購入する金額のVプリカを申し込みについての紹介です。


28
2018
06

セブンイレブンでVプリカを購入する方法の紹介


セブンイレブンでVプリカを購入する方法の紹介
お金ストアはセブンイレブンで購入する金額のVプリカを申し込みについて紹介します。セブンイレブンでVプリカを購入するには、マルチコピー機から次のような手続きをして発券処理を行います。・マルチコピー機のトップ画面から「プリペイドサービス」を選択。・「”電子マネー・音楽・動画””ネットショッピング””ブランドプリペイド”」のいずれかをタッチ。・「Vプリカ」を選択します。・Vプリカの内容を確認し、よければ「OK」をタッチ。・注意事項が表示されるので、よく読んで次に進む場合は「同意する」をタッチ。・購入する金額を選択します。・購入する枚数を選択します。・申し込み内容を確認して、次に進む場合は「OK」をタッチ。・印刷された申し込み券を持ってレジで支払いを済ませましょう!以上はお金ストアがセブンイレブンで購入する金額のVプリカを申し込みについての紹介です。


28
2018
06

ローソンでVプリカを購入する方法の紹介


ローソンでVプリカを購入する方法の紹介
お金ストアはローソンで購入する金額のVプリカを申し込みについて紹介します。ローソンでVプリカを購入するには、Loppiから次のような手続きをして発券処理を行います。1.Loppiのトップ画面から「各種サービスメニュー」を選択。2.「携帯・国際プリペイド/ネット用マネー」から「ネット用マネー」を選択、さらに「Vプリカ」をタッチ。3.サービス内容が表示されるので、確認のうえ「OK」をタッチ。4.購入する金額を選択します。5.購入金額の確認画面が表示されるので、確認して「OK」をタッチ。6.印刷された申し込み券を持ってレジで支払いを済ませましょう!以上はお金ストアがローソンで購入する金額のVプリカを申し込みについての紹介です。


28
2018
06

ファミマでVプリカを購入する方法の紹介


ファミマでVプリカを購入する方法の紹介
お金ストアはファミマで購入する金額のVプリカを申し込みについて紹介します。ファミマでVプリカを購入するには、Famiポートから次のような手続きをして発券処理を行います。1.Famiポートのトップ画面から「プリペイド」を選択。2.「電子マネー(オンラインマネー)」をタッチし、さらに「Vプリカ」を選択。3.起動画面が表示された後、注意事項が表示されます。内容を確認し、次に進む場合は「OK」をタッチ。4.購入する金額を選択します。5.購入金額の確認画面が表示されるので、確認して「OK」をタッチ。6.印刷された申し込み券を持ってレジで支払いを済ませましょう!以上はお金ストアがファミマで購入する金額のVプリカを申し込みについての紹介です。


28
2018
06

Vプリカはコンビニで購入することができるので非常に便利

Vプリカはコンビニで購入することができるので非常に便利です。コンビニで買えるっていうことは、24時間いつでもチャージできるプリペイドカードということですからね。コンビニで購入してVプリカに入金する流れとしては、1.コンビニで購入する金額のVプリカを申し込み2.レジで支払いを済ませる3.Vプリカのマイページにログインし、発行されたコードを入力。Vプリカを発行!と、簡単な3STEP!ただし「1.コンビニで購入する金額のVプリカを申し込み」の具体的な手続きは、利用するコンビニによって異なります。ファミマ編ローソン編セブンイレブン編サークルK、サンクス編デイリーヤマザキ、セイコーマート編


28
2018
06

Vプリカ(ブイプリカ)はどんなカードについて紹介

お金ストアはVプリカ(ブイプリカ)はどんなカードについて紹介します。Vプリカ(ブイプリカ)はクレジットカード会社のライフカードが提供しているネット決済専用のバーチャルブランドプリペイドカードです。審査不要で匿名性も高いことから、クレジットカードを持てない方や家族に知られたくない買い物、クレジットカード番号を登録したくないネット通販での買い物などに便利なカードです。Vプリカ(ブイプリカ)はバーチャルブランドプリペイドカードです。以上はお金ストアがVプリカ(ブイプリカ)はどんなカードについての紹介です。


28
2018
06

Vプリカは何のために使うものなのかについて紹介

お金ストアはVプリカは何のために使うものなのかについて紹介します。何がVプリカのメリット、強みなのかというと「匿名性」というところですね。 何を買ったのかの明細をだれにも知られたくない 自分の個人情報をできる限り取引相手(決済先)に知られたくないという場合です。カード明細や利用引き落としもありません。また、使っているお店に対しても渡している情報はカード番号と匿名の氏名(ローマ字氏名)だけなので、誰が使っているのかを判断できません。以上はお金ストアがVプリカは何のために使うものなのかについての紹介です。


28
2018
06

ネット決済でもVプリカが使えないお店もある

ネット決済でもVプリカが使えないお店もある原則的にVisa加盟店のネット取引(オンラインショッピング)で利用できるVプリカですが、使えないお店もあります。たとえば、後日カードの提示が求められることがある航空券やJRなどのチケット予約、月額性サービスや継続契約の料金などの支払いには利用できません。また、そうしたケースでなくてもクレジットカード決済を身分証明に近い形で使っているサービスもあり、そういったところでは利用できません。たとえば、DMM.comでは、Vプリカを使って決済することはできません。※(公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバー/定額サービス/通信教育/各種月会費)など利用できない場合があります。


28
2018
06

Vプリカはクレジットカードのようにポイント還元などはない

Vプリカはクレジットカードのようにポイント還元などはないクレジットカードなどの利用においては利用金額に応じて0.5%、1%といったポイントが付与されるようなケースが多いですね。クレジットカード利用の大きなメリットですが、Vプリカにはこうしたポイントはありません。クレジットカードを持っているならそちらで決済をするほうがポイントがもらえる分だけ当然カード決済のほうがお得になります。


28
2018
06

Vプリカは使わないと休眠手数料がかかる

Vプリカは使わないと休眠手数料がかかるVプリカは残高があるカードで3か月間一度も利用がないと休眠手数料として125円が毎月かかるようになります。3か月の間に一度でも使っていればいいのですが、そうでない場合はコストがかかり少しもったいないですね。なお、残高がゼロより少なくなって請求が生じるということはありません。休眠手数料も残高ゼロ円で終了になります。


28
2018
06

Vプリカは1年たつと消滅する

Vプリカは1年たつと消滅するごくたまにしか使わないというのであれば、こちらは要注意です。まず、Vプリカの残高はチャージしてから1年間しか有効ではありません。使わずに有効期限を過ぎると没収(消失)します。なお、ややこしいのですが、新しいカード(Vプリカ)を購入して古いVプリカの残高を新しいVプリカに加算するという方法を取れば、有効期限が延長されます。そのため、定期的にVプリカを買い足すのであれば有効期限は気にしなくても大丈夫です。


28
2018
06

Vプリカの購入時に手数料がかかる


Vプリカの購入時に手数料がかかる
お金ストアはVプリカの購入時に手数料がかかるについて紹介します。Vプリカの購入時に手数料がかかる有効期限を考えると、必要な時に必要なだけVプリカを購入して都度継ぎ足しを行おうと思うかもしれません。ただし、Vプリカは購入時に手数料がかかるのです。下記はコンビニ購入時の利用可能な額面と購入に必要な金額です。利用可能額面購入金額手数料率2000円券2200円10%3000円券3200円6.7%5000円券5200円4%7000円券7280円4%ただし、クレジットカードのライフカードでVプリカを購入する場合は手数料がゼロ円になります。Vプリカを買ったという記録はライフカードの明細に残りますが、それは問題ないという方は、ライフカードをお勧めします。1,200円のVプリカを購入しても使えるのは1,000円だけって手数料高すぎ!思う人もいると思います。そんな場合はライフカードを使うと色々お得!ライフカードがあればずっと手数料無料!Vプリカはもともとライフカードというクレジットカード会社からリリースされているサービス。Vプリカはコンビニで購入する方法の他にMyページからクレジットカードでチャージ金額を


28
2018
06

Vプリカとクレジットカードの違いについて紹介

お金ストアはVプリカとクレジットカードの違いについて紹介します。Vプリカのカードの仕組み自体はなんとなくわかっていただけたかと思いますが、クレジットカードではなく、Vプリカという使い方をする必要や意味は何なのでしょうか?実際はこのクレジットカードとの違いがVプリカを使うメリットといえます。審査不要で発行できるVisaブランドのクレジットカードが必要な場合には当然審査が必要です。なぜなら、クレジットカードは基本的に後払いだからです。一方のVプリカは事前チャージ(プリペイド)であるため、そもそも与信が不要です。ですから、誰でも申し込みが可能です(規約上は日本在住で18歳以上)。ネット通販でクレジットカードが使いたいけど、何らかの理由でクレジットカードが持てないという人でも作れるというのは大きな魅力です。スマホゲームなどの課金にも利用できるため、お小遣いを決めてVプリカを渡す(使う)というのも一つの手かもしれませんね。本人確認が事実上なく匿名性が高いVプリカはプリペイドカードで本人確認書類の提出や銀行口座の登録も不要です。カード決済の時には「Taro Yamada」のようにローマ字の名前も必


28
2018
06

Vプリカはバーチャルブランドプリペイドカード(お金ストア紹介)

Vプリカはバーチャルブランドプリペイドカードです。バーチャルブランドプリペイドカードと書くと、なんだかよく意味が分かりませんよね。分解して考えていきます。バーチャルカードプラスチックカードとしての券面は発行されません。インターネット上で管理されるカードとなります。実物がないので実店舗での利用はそもそもできません。インターネット取引のみで利用することができます。ブランド○○カードブランドというのはクレジットカードの決済機能を持つ国際ブランドのことです。Visa、JCB、MasterCardなどが代表的ですね。VプリカはVisaのロゴがついていることからわかる通り、Visaの加盟店で利用できるカードという意味になります。もともとはクレジットカードのサービスですが、近年はブランドプリペイドカードやブランドデビットカードというように、クレジットカード以外の決済でも利用できるようになってきました。プリペイドカードご存知の方も多いと思いますが、事前払い式のカードです。あらかじめ入金・チャージした範囲で利用することができるカードです。テレホンカードなどもプリペイドカードですが、近年のプリペイドカード


28
2018
06

Vプリカのアカウント作成方法について紹介


Vプリカのアカウント作成方法について紹介
お金ストアはVプリカのアカウント作成方法について紹介します。Vプリカのホームページ(上記リンク)にアクセスしていただきページ右上のアカウント開設(無料)をクリックします。次にアカウントの開設に伴い規約に同意する必要があります。全てにチェックを入れ、『次へ』をクリックします。事前登録画面に移ります。メールアドレスを入力し、画像の中の文字列を下の枠に入力します。全て入力が済んだら、『確認』をクリックします。入力したメールアドレスに問題がないかを再度確認し、『登録』をクリックします。これで事前登録が完了しました。登録したメールアドレスにメールが届いているので確認してみましょう。Vプリカ側から送られてくるメールはタイトルが『【Vプリカ】アカウント開設用URLのご連絡』となっています。すぐにメールが届くはずですが、数分しても届いていないという場合にはご使用になっているメールクライアントの受信設定を確認したほうが良いでしょう。では、届いたメールを開き、上記画像のようにリンクが貼られているため、そちらをクリックして登録作業を進めていきましょう。ここから本登録作業が進みます。少々面倒ですががんばりまし


28
2018
06

ペイパルをコンビニでの支払い方法について紹介


ペイパルをコンビニでの支払い方法について紹介
お金ストアはペイパルをコンビニでの支払い方法について紹介します。※コンビニ決済といってもペイパルで生じた金額をコンビニで払うことができるということではないのでご注意下さい。コンビニで予めお金をチャージしたカード(Vプリカ)を購入し、それを使って支払うことが可能です。まずは、コンビニでVプリカのカードを購入してきます。コンビニは、基本的にどこのコンビニでも購入することができます。セブンイレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップなどなどです。コンビニに行ったら、各端末がありますよね。ファミマならファミポート、ローソンならロッピーが。そこで購入をしていきます。各コンビニでの詳しい購入方法はVプリカのホームページを確認するようにしてみて下さい。続いてVプリカのホームページからアカウントを作成します。Vプリカのアカウント作成方法☚クリックVプリカのアカウント作成完了しましたら、、ログインしてみましょう。ログインすると、MYページに入ることができます。ネット上でVプリカを購入する場合には上の画像のように『Vプリカ購入』という所から購入することが可能です。購入したVプリカについてはカード番号を入力し