中国茶は、ノンカロリー、ノンシュガーのとってもヘルシーな飲み物!健康を助けるいろんな効能がある。
鉄観音・黄金桂・水仙・色種は「半発酵茶」で、発酵部分の褐色と不発酵部分の緑色が混じり合って、
見た目が青っぽく見えることから「青茶」に分類されます。
41
03
2018
09

鉄観音茶の由来いについて紹介

お金ストアは鉄観音茶の由来いについて紹介します。鉄観音茶はこのように独特な名前も特徴の1つです。その名前の由来は諸説あり、茶葉の光沢から鉄製の観音菩薩像に似ているため付けられたという説や、観音菩薩から賜ったチャノキだからという説、鉄観石の間に生えているのを持ち帰ったのが起源だから名付けられたという説もあります。中でも有力なのは、乾隆帝の時代、魏蔭という茶農家が夢で見つけた観音岩という場所に生えた茶の木を持ち帰り、挿し木で増やしたのが由来と言う説が有力と言われています。鉄観音茶にはいくつかの産地と銘柄が存在します。その中でも特に有名な鉄観音茶の銘柄「安渓鉄観音」を紹介します。中国福建省の安渓県で作られる鉄観音茶が「安渓鉄観音」です。鉄観音茶を代表する銘柄です。安渓鉄観音といえば、重焙煎の濃厚な風味が特徴の半発酵茶でしたが、近年では低発酵の軽焙煎で作られる爽やかな風味の物が主流となっています。安渓鉄観音の茶葉は年に4回収穫されますが、特に春茶と夏茶が品質が良いとされています。特に春茶は最高の品質と言われています。以上はお金ストアが鉄観音茶の由来について紹介です。


03
2018
09

半発酵の鉄観音茶(烏龍茶)が美味しい

お金ストアは半発酵の鉄観音茶(烏龍茶)が美味しいについて紹介します。紅茶は完全発酵茶、緑茶は無発酵茶、鉄観音茶(烏龍茶)は半発酵茶です。明の時代、皇帝にもっと香りの良いお茶を献上しようと、作り方に工夫を重ねた結果生まれたのが半発酵茶である鉄観音茶(烏龍茶)です。半発酵茶は非常に手間がかかるうえ、作り手の技術・経験が要求されます。それだけに烏龍茶は美味しいお茶になります。ちなみに烏龍茶の「龍」とは皇帝を示す言葉だったと言われています。 烏龍茶の中で、最も上質なものが「鉄観音茶」と呼ばれています。以上はお金ストアが半発酵の鉄観音茶(烏龍茶)が美味しいについて紹介です。


03
2018
09

鉄観音茶が抗酸化作用で老化を抑える

お金ストアは鉄観音茶が抗酸化作用で老化を抑えるについて紹介します。老化の一番の原因となるのは活性酸素によるサビということをご存知ですか?烏龍茶ポリフェノールには活性酸素の働きを抑える作用(抗酸化作用)があります。体の酸化を防いで、いつまでも若々しい姿を目指してください。 以上はお金ストアが鉄観音茶が抗酸化作用で老化を抑えるについて紹介です。


03
2018
09

鉄観音茶が脂肪を抑える働きは本当か

お金ストアは鉄観音茶が脂肪を抑える働きは本当かについて紹介します。烏龍茶の中で、最も上質なものが「鉄観音茶」と呼ばれています。日本人の烏龍茶に対するイメージといえば「中国から来た、脂肪吸収を抑える健康茶」ですが、最近では「烏龍茶に脂肪吸収を抑える作用はない」という意見もよく聞きます。実際のところどうなのでしょうか?大妻大学・大森教授の研究によると「烏龍茶は水より30%も脂肪排泄量が高い」という実験結果が出ているそうです。中国で何千年も健康のために飲み続けられているお茶ですし、やはり飲み続ければ効果はありそうですね。 以上はお金ストアが鉄観音茶が脂肪を抑える働きは本当かについて紹介です。


03
2018
09

鉄観音茶の味や香りの特徴について紹介

お金ストアは鉄観音茶の味や香りの特徴について紹介します。鉄観音茶は芳醇な甘い香りで丸みがあり、渋みも少ない飲みやすいお茶です。茶湯は黄金色で非常に美しく、古くから愛されてきたことも納得できる華やかなお茶です。鉄観音茶の味や香りの特徴まず、鉄観音茶の味としては、芳醇で濃厚な味が特徴的です。まだ、後味は甘くて飲みやすいです。続いて、鉄観音茶が特徴的な香りがあるお茶です。「桃のような香り」と例えられることが多いですが、人によっては「蘭の花の香り」にも感じられる甘い香りに圧倒されます。以上はお金ストアが鉄観音茶の味や香りの特徴について紹介です。


03
2018
09

鉄観音茶の効果効能について紹介

お金ストアは鉄観音茶の効果効能について紹介します。芳醇な香りと甘い飲み口だけが鉄観音茶の良い点ではありません。鉄観音茶には優れた効果・効能があり、健康茶としても非常に高い人気を誇っています。鉄観音茶のココがすごい!・烏龍茶ポリフェノールの含有量が多く脂肪排泄作用がある・抗酸化作用で老化の進行を抑えるまだ、鉄観音茶の効果・効能としては、冷え性の改善、便秘の改善のことも期待できます。ダイエット中の方、脂肪が気になる方、美味しいお茶が飲みたい方にお勧めします。以上はお金ストアが鉄観音茶の効果効能について紹介です。


03
2018
09

基本的な鉄観音茶の入れ方について紹介

お金ストアは基本的な鉄観音茶の入れ方について紹介します。基本的な鉄観音茶の入れ方は以下の通りです。・まずは茶壺に沸騰したお湯を入れ、温めます。・次にそのお湯を茶杯に入れて茶杯を温め、残った湯を茶盤に捨てます。・茶壺に茶葉を入れます。400ccに対して10gが目安です。・95度以上の沸騰したてのお湯を茶壺に入れ、すぐにお湯を捨てます。こうすることで、茶葉についているホコリなどの汚れを流します。・再度、茶壺にお湯をたっぷりと注ぎ、40秒~50秒蒸らします。・蒸らしてる間に茶杯を温めるために入れておいたお湯を捨てます。・時間が来たら、 お茶の濃さが均等となる様に少しづつ注いでいきます。 ※茶海があれば、いったんすべて茶海に注いでから茶杯に注ぎます。・茶葉は繰り返し飲めます。ただ、3回目以降は蒸らし時間を少しづつ伸ばしてみて下さい。以上はお金ストアが基本的な鉄観音茶の入れ方について紹介です。


03
2017
05

工芸茶について紹介

お金ストアは工芸茶について紹介します。工芸茶は、熱湯を注ぐと実のような形に加工された茶葉の束の中から花が開くお茶。香り、見た目、味わいと三倍楽しめる。一般の茶葉同様、製法、材料により高級品と普及品の間には品質に大きな開きがある。工芸茶の原料は緑茶をベースに各種の花を飾っているものが多い。種類が多く、正式名称がない。ほとんどは生産者が命名している。工芸茶に使われる花はジャスミン、カーネーション、ユリ、千日紅、菊などがあり、見るだけでなく多様な香りを楽しむことができる。工芸茶の製造工程工芸茶は茶葉の束の中に花を隠すように作り上げるため、お湯に入れる前の工芸茶は丸いお茶の葉のかたまりにしか見えない。これをお湯に入れると、中からきれいな花が出てくるため、そのギャップに見る人を驚かせるとても面白いお茶である。歴史は短く、以上はお金ストアが工芸茶について紹介です。


03
2017
05

工芸茶と花茶の区別

お金ストアは工芸茶と花茶の区別について紹介します。工芸茶は茶の葉に香りをつけたり、花そのものをお茶にする花茶をさらに進化させ、味や香りだけでなく、見た目までもに気を配った中国茶である。花茶は茶の葉に花の香りをつけたもの、または花そのものを茶にして飲むもののことを言う。もともとは福建省で盛んに生産されていたものが、中国全国で作られるようになった。以上は工芸茶と花茶の区別について紹介です。


03
2017
05

工芸茶の入れ方紹介


工芸茶の入れ方紹介
お金ストアは工芸茶の入れ方について紹介します。工芸茶は中国茶の中でも特に特殊性が高いものである。他のお茶との最も大きな差は、やはり目で楽しめるお茶という点。それを楽しむためには、耐熱ガラス製のポットやグラス等がもっとも適している。グラスでの入れ方・大きめの耐熱グラス、工芸茶、お湯を用意する。・水は軟水が適している。水道水を使用する場合は、2時間程度汲み置きした水を、1分ほど沸騰させてから使用する。それだけで、カルキ臭がとれておいしくなる。・大きめの耐熱グラスに工芸茶1個を入れる。そこに90度程度のお湯を、工芸茶に当たらないように注ぐ。・工芸茶が完全に開いたら飲み頃。※お湯の温度が低いと、工芸茶が開かないことがある。また、グラスをお湯であらかじめ温めておくと、いっそう香が生きてくる。工芸茶を楽しむ工芸茶が完全に開いたら、その様子を目で楽しむ。じっくり堪能した後、お茶自体を味わう。半分くらい飲んだら、再びお湯を淹れて4~5煎程度味わうことが出来る。以上はお金ストアが工芸茶の入れ方について紹介です。


03
2017
05

紅茶(こうちゃ)代表的な銘茶紹介

お金ストアは紅茶(こうちゃ)代表的な銘茶を紹介します。(1)正山小種(せいざんしょうしゅ / ラプサンスーチョン / zheng shan xiao zhong)世界で初めて作られた紅茶。非常に強い燻香が特徴で、ハマる人はハマる。その香りはスコッチウイスキーや正露丸、乾燥龍眼などに例えられる。近年ではスモーキーさを抑えた飲みやすい味わいのタイプも多くみられる。(2)祁門紅茶(キーマンこうちゃ / Qi men hong cha)伝統的な中国十大銘茶のひとつ。祁紅、祁門工夫とも呼ばれる。紅茶の中では特に100年以上の歴史ある銘柄。輸出量も多い。インドのダージリン、スリランカのウバと並び、世界三大紅茶と称される。以上はお金ストアが紅茶(こうちゃ)代表的な銘茶紹介です。


03
2017
05

中国茶--世界に愛される「紅茶」


中国茶--世界に愛される「紅茶」
お金ストアは中国茶--紅茶(こうちゃ)について紹介します。紅茶(こうちゃ)は、“不発酵茶”と呼ばれる緑茶の正反対で、“完全発酵茶”。(発酵度100%)水色が深い紅色のため、紅茶の名づけました。紅茶は製法によってさらに、工夫茶、紅碎茶、小種工夫紅茶の3種類に分類できる。紅茶(こうちゃ)主な生産地は、福建省、安徽省、浙江省、江蘇省、江西省、湖北省、湖南省、雲南省、貴州省、四川省、広東省、広西チワン族自治区、台湾など。世界全体の生産量が最も多く、様々な国や地域で親しまれている。中国で生産される紅茶も種類が多く、産地も比較的広い。中国の紅茶は苦みが少ないので、砂糖やミルクを入れなくてもストレートでおいしく飲める。以上はお金ストアは中国茶--紅茶(こうちゃ)について紹介です。


03
2017
05

花茶(はなちゃ、ホアチャァ)代表的な銘茶紹介

お金ストアは花茶(はなちゃ、ホアチャァ)代表的な銘茶を紹介します。茶葉を主原料としたもの茉莉花茶(まつりかちゃ / Mo li hua cha)ジャスミン茶茉莉花茶とはジャスミン茶のこと。一般的に、ベースとなる緑茶にジャスミン花の香りをつけたお茶のことで、花茶の中では最もポピュラー。茶葉とジャスミン花冠を重ね合わせて、茶葉に香りを吸着させる。珠蘭花茶 (ズウラン花茶)乾燥させた珠蘭(センリョウ科のチャラン : Chloranthus spicatus (Thunb.) Makino)の花を茶葉に混ぜたもの。桂花茶(キンモクセイ茶)キンモクセイの花弁を香りづけに使用したもの。青茶を土台とする桂花烏龍茶もある。蓮茶(ハス茶)ハスの雄しべを香りづけに使用したもの。ベトナムでよく飲まれる。花そのものを使用するもの菊花茶乾燥させた菊の花に湯を注して飲むが、プーアル茶など、他の茶葉と混ぜて使用することもある。漢方としても扱われている。洋菊茶菊花茶と同じく。菊花茶は黄色い花であるのに対し、洋菊茶は白い花。また茶外茶としては菊花茶とは効能が違うとされている。薔薇茶(玫瑰茶)ハマナスの、開花する直前のつ


03
2017
05

中国茶--華やかな香りが魅力の「花茶」


中国茶--華やかな香りが魅力の「花茶」
お金ストアは中国茶--花茶(はなちゃ、ホアチャァ)について紹介します。花茶(はなちゃ、ホアチャァ)は三種類にわけます。・花弁の香りを茶葉に移したもの。・乾燥させた花弁を茶葉に混ぜたもの。・本来の「茶」は使わず、ハーブティのように花弁そのものを煎じて飲むもので、こちらは漢方薬として発達したものである。一般的は茶葉に花の香りを吸わせて作ったお茶。完成した緑茶等の茶葉をさらに加工するため“再加工茶”と呼ばれる。花茶(はなちゃ、ホアチャァ)主な産地は、湖南省、安徽省、四川省、福建省など。花茶(はなちゃ、ホアチャァ)代表的なのはジャスミン茶で、中国での花茶生産量の約7割を占める。東北地方、特に北京では日常的に飲むお茶として親しまれている。花茶(はなちゃ、ホアチャァ)に使われる茶葉は主に緑茶、まれに青茶や白茶、黒茶、紅茶が使われることもある。合わせる花は、ジャスミン、玫瑰(バラの一種)、金木犀、菊花、など多種多様。組み合わせ次第で様々な風味のお茶を作れる可能性がある。まだ、淹れた時に花のように開く工芸茶も人気。茶葉を加工する際、糸で縛ったりして整形し、茶を抽出する際に茶葉の形状の変化や花の出現する


03
2017
05

黒茶(こくちゃ、くろちゃ)代表的な銘茶紹介

お金ストアは黒茶(こくちゃ、くろちゃ)代表的な銘茶を紹介します。(1)六堡茶(ろっぽちゃ / Liu bao cha)黒茶の中でもプーアル茶と並び歴史ある名茶で、「陳香」という熟成した香りが特徴的。赤みを帯びた透明感のある水色は「中国紅」とも呼ばれる。主に広東、広西エリアや香港、マカオで親しまれている。(2)雲南普洱茶(うんなんプーアルちゃ / Yun nan pu er cha)雲南省南部の普洱県がお茶の集散地であったために「普洱に集められたお茶」はこの名で呼ばれるようになった。そのため、一口に「普洱茶」と言っても、製造方法が異なる熟茶や生茶、形状が異なる餅茶や散茶などさまざま。以上はお金ストアが黒茶(こくちゃ、くろちゃ)代表的な銘茶紹介です。


03
2017
05

中国茶--熟成による変化を楽しむ「黒茶」


中国茶--熟成による変化を楽しむ「黒茶」
お金ストアは中国茶--黒茶(こくちゃ、くろちゃ)について紹介します。黒茶(こくちゃ、くろちゃ)は“後発酵茶”に属し、雲南省の普洱(プーアル)茶が有名。多少クセがあるので嫌厭されることもあるが、一度ハマると虜になる魔性のお茶。黒茶(こくちゃ、くろちゃ)主な産地は、雲南省、四川省、広東省、広西チワン族自治区、湖南省など。さらに、黒茶(こくちゃ、くろちゃ)は「熟茶」と「生茶」に分けられる。「熟茶」は麹菌の働きで発酵を早めさせたもの、独特のこもったような香りがある。「生茶」は茶葉本来の酵素の力で発酵させたもの、比較的飲みやすい。(発酵度80~100%)黒茶は長期保存することで発酵が進み、味の変化を楽しむことができる。40年物のヴィンテージ品は高値で取引されている。以上はお金ストアは中国茶--黒茶(こくちゃ、くろちゃ)について紹介です。


03
2017
05

白茶(はくちゃ、しろちゃ、パイチャ)代表的な銘茶紹介

お金ストアは白茶(はくちゃ、しろちゃ、パイチャ)代表的な銘茶を紹介します。(1)白牡丹(はくぼたん / bai mu dan)香港やマカオなど広東エリアで人気のお茶。緑の葉の中の白い芯(芽)が花のように見えるため、白牡丹という名で呼ばれるようになった。中医学的な性質は「清涼」であり、熱を取り除く効果があるため、夏に飲むお茶として適している。(2)白毫銀針(はくごうぎんしん / Bai hao yin zhen)白茶の中でも高級なお茶。芽頭というまだ開いていない状態の新芽を使ってつくられる。白銀の産毛に覆われ光沢のある外観はきらきらと輝く美女に例えられる。以上はお金ストアが白茶(はくちゃ、しろちゃ、パイチャ)代表的な銘茶紹介です。


03
2017
05

中国茶--美しき白銀色の「白茶」


中国茶--美しき白銀色の「白茶」
お金ストアは中国茶--白茶(はくちゃ、しろちゃ、パイチャ)について紹介します。白茶(はくちゃ、しろちゃ、パイチャ)は少しだけ発酵させているため、“軽発酵茶”と呼ばれる。(発酵度5~10%)世界的にも珍しいお茶です。白茶(はくちゃ、しろちゃ、パイチャ)産地は中国の中でも福建省、特に政和、福鼎、建陽などに限られる。多くは新鮮な芽の部分が使われており、うぶ毛におおわれている様子が白銀の雪のようであるため、「白茶」。製造工程中で、茶葉を揉み込むことがないため、白茶の茶葉は摘み取った後の自然な葉の形を残しているものが多い。ヨーロッパでは白茶のエキスを使った化粧品が人気だとか。近年はプーアル茶のように長期熟成させ、コクのある白茶の人気も高まっている。以上はお金ストアは中国茶--白茶(はくちゃ、しろちゃ、パイチャ)について紹介です。


03
2017
05

黄茶(きちゃ、ファンチャ)代表的な銘茶紹介

お金ストアは黄茶(きちゃ、ファンチャ)代表的な銘茶を紹介します。(1)霍山黄芽(かくざこうが / huo4 shan1 huang2 ya2)唐代には皇帝への献上茶になっていたという1000年以上の長い歴史を持つお茶。別名「芽茶」とも呼ばれる。(2)君山銀針(くんざんぎんしん / Jun shan yin zhen)伝統的な中国十大銘茶のひとつ。現在は生産量が大変少なく、貴重な茶葉。このお茶を1kg作るには5万枚の芽葉が必要になると言われている。以上はお金ストアが黄茶(きちゃ、ファンチャ)代表的な銘茶紹介です。


03
2017
05

中国茶--偶然から生まれた「黄茶」


中国茶--偶然から生まれた「黄茶」
お金ストアは中国茶--黄茶(きちゃ、ファンチャ)について紹介します。黄茶(きちゃ、ファンチャ)は茶葉が少し黄色がかっているため名づけました。前漢時代に作られ始めたという歴史の長いお茶。“軽発酵茶”に属する。(発酵度5~10%)黄茶(きちゃ、ファンチャ)主な産地は四川省、湖南省、湖北省、浙江省、安徽省など。黄茶(きちゃ、ファンチャ)は、緑茶を作っている時に偶然発見されたお茶。緑茶を作る際、揉み込んだ後の乾燥が不十分だったために茶葉が発酵してしまい、茶の色が黄色く変化したことで、新しいお茶「黄茶」としてその製造方法が確立された。そのため製造工程は、ほぼ緑茶と同じ。一つ“悶黄”という茶葉を発酵させる工程を加えることで緑茶ではなく黄茶となる。近年では作り手が減少しており、生産量も年々減少しているため、中国茶の中ではなかなかお目にかかることのない貴重品。以上はお金ストアは中国茶--黄茶(きちゃ、ファンチャ)について紹介です。


03
2017
05

青茶(せいちゃ、あおちゃ)代表的な銘茶紹介

お金ストアは青茶(せいちゃ、あおちゃ)代表的な銘茶を紹介します。(1)凍頂烏龍茶(とうちょうウーロンちゃ / dong ding wu long cha)台湾の烏龍茶を代表するお茶で「茶の中の聖」とたたえられている。凍頂山で生産されているためこの名で呼ばれるようになった。(2)東方美人(とうほうびじん / dong fang mei ren)青茶の中では発酵度が高め(約70%)で、紅茶に似たような甘みのある華やかさを持っている。この甘みのある独特の味や香りは、ウンカという昆虫が噛むことによるもの。そのため茶園は無農薬。(3)大紅袍(だいこうほう / Da hong pao)伝統的な中国十大銘茶「武夷岩茶」の中でも最高峰(茶中状元)とされる茶。「岩韻」といわれる岩茶特有の残り香がとても魅力的。)(4)安渓鉄観音(あんけいてっかんのん / An xi tie guan yin)伝統的な中国十大銘茶のひとつ。少なくとも清朝乾隆年間初期から栽培されており、既に200年以上の歴史がある。香りのタイプによって「濃香」「韻香」「清香」などに分類される。アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを多く含む。(5


03
2017
05

中国茶--歴史と技術が生んだ結晶「青茶」


中国茶--歴史と技術が生んだ結晶「青茶」
お金ストアは中国茶--青茶(せいちゃ、あおちゃ)について紹介します。青茶(せいちゃ、あおちゃ)またの名を烏龍茶(ウーロンちゃ)。日本で中国茶といえば誰もがイメージするのはこのお茶。緑茶の爽やかさと紅茶の華やかさを併せ持っている。青茶(せいちゃ、あおちゃ)主な産地は、福建省闽北地方、闽南地方、広東省、台湾。近年では湖南省や四川省でも試験的に少量生産されているとのこと。茶葉の発酵をある程度で止めるので、”半発酵茶”と呼ばれる。(緑茶の発酵度は0%、紅茶の発酵度は100%)発酵の度合いは10~80%とかなり幅広いため、同じ青茶と言えど、銘柄によって様々な味わいを楽しめる。以上はお金ストアは中国茶--青茶(せいちゃ、あおちゃ)について紹介です。


03
2017
05

中国茶の産地--西南茶区紹介

お金ストアは中国茶の産地--西南茶区について紹介します。西南茶区は茶樹の原産地を含む、最も古い中国西南部の生産地域。大部分が盆地や高原で標高が高く、気候条件にも恵まれている。大葉種紅砕茶を発展させた地区としても名高い。西南茶区代表的な銘茶都匀毛尖、蒙頂甘露、青城雪芽、竹葉青など西南茶区栽培品種様々な品種が分布しており、喬木型、半喬木型もあるが大部分は灌木型の中、小葉種。基本的に南部は大葉種、北部は中、小葉種が中心。紅茶や緑茶、黄茶、及び少数民族向けの黒茶(緊圧茶、散茶)など西南茶区地域特性貴州省、四川省の大部分、重慶市全域、雲南省中・北部、西蔵チベット自治区東南部。・海抜:1,000~1,500m、四川盆地は300~700m、亜熱帯気候、地形が険しく気候の変化が大きい・年平均気温:四川盆地17℃、雲貴高原14~15℃、チベット自治区ザユル県11.6℃・年間降水量:1,000mm以上、香水分布は不均一で、夏季は年間40~50%を占め、冬季は10%以下。霧が多い・無霜期間:220~340日・年間平均湿度:80%以上・土壌:黄壌(yellow earth;yellow soil)、赤紅壌(L


03
2017
05

中国茶の産地--華南茶区紹介

お金ストアは中国茶の産地--華南茶区について紹介します。華南茶区は中国の最も南に位置する地域。この地域一帯は有機質を豊富に含む肥沃な土壌に恵まれており、最も茶樹の生育に適している。華南茶区代表的な銘茶鉄観音、鳳凰単叢、南糯白毫、凌雲白毫など華南茶区栽培品種様々な品種が分布しているが主要なものは喬木型の大葉種。半喬木型、灌木型も生育している。山間区には西双版納(シーサンパンナ)の納巴達大茶樹のような喬木型大茶樹も多い。紅砕茶、功夫紅茶、緑茶、青茶、白茶、普洱茶、六堡茶、大葉青、花茶などを生産。華南茶区地域特性南嶺山脈より南に位置する福建省南部、及び広東省、広西チワン族自治区、海南省、台湾。・気候:熱帯、南亜熱帯気候・年平均気温:18~24℃、夏季(平均気温22℃以上)が半年以上続く・年間降水量:1,200~1,400mm、夏季は年間の70~80%を占める。南部は北部よりも降水量が多く、海南琼中では2,608mmに達することも。・無霜期間:300日以上、霜が全く降りない地域が多い・年間平均湿度:80%以上、ただし広西チワン族自治区西部や海南省南部では春季に日照りすることがある・土壌:磚紅壌


03
2017
05

中国茶の産地--江南茶区紹介

今回はお金ストアが中国茶の産地--江南茶区について紹介します。江南茶区は長江中流から下流にかけてその南部一帯に広がる地域。中国茶葉最大の産地で総生産量の約3分の2を占める。歴史の古い産地で、環境にも恵まれていることから高品質の銘茶を数多く産出する。生産地は一部の標高が高い地域を除き、ほとんどが丘陵地帯で四季がはっきりしている。江南茶区代表的な銘茶黄山毛峰、老竹大方、休宁松蘿、太平猴魁、敬亭緑雪、西湖龍井、洞庭碧螺春、南京雨花茶、君山銀針、安化松針、恩施玉露、大紅袍、廬山雲霧など江南茶区栽培品種灌木型の品種が中心だが、半喬木型品種も分布する。紅茶、緑茶、青茶、白茶、黒茶などを生産。江南茶区地域特性長江中・下流域の南に位置する浙江省、江西省、湖南省、福建省北部、広東省北部、広西チワン族自治区北部、及び江蘇省、安徽省、湖北省の長江以南。・海抜:700m以下、長江沿岸の山岳地帯や丘陵地帯。亜熱帯、季節風気候・年平均気温:15~18℃・年間降水量:1,100~1,600mm、春から夏にかけて降水量が多く、豪雨も多い・無霜期間:230~280日・年間平均湿度:80%前後・土壌:紅壌(Red Soi