RMT 12
30
2017
04

Yahoo!版ドラクエ10終了の原因

オンラインゲーム化された『ドラクエ』である『ドラゴンクエスト10』。そのYahoo!版が、2016年3月31日にサービスを終了しましたね。ドラクエ10(DQ10)についてドラクエ10(DQ10)とは、DQシリーズ初のオンラインに対応した大人気日本を代表するRPGゲームです。「ドラクエのオンラインゲーム化」という斬新な試みは、幅広い層のプレイヤーに受け入れられ、2012年にWiiで発売されて以降、WiiU、PC、3DSなどにプラットフォームを広げています。目覚めし五つの種族というサブタイトルにあるように選べる種族は5種類で、『オーガ』『プクリポ』『ウェディ』『エルフ』『ドワーフ』から選択できます。選べる職業は基本職業6種類でとても自由度が高いキャラメイキングが可能です。『戦士』『魔法使い』『僧侶』『武闘家』『盗賊』『旅芸人』からなりたい職業を選びましょう。本作には、今までのシリーズのモンスターはもちろんのこと、DQシリーズ初登場のモンスターも多数導入されています。あるRMT業者の宣伝文ドラクエ10ゴールド販売をプレイされる中で、ゴールド不足にお悩みではございませんか?RMTジャックポット


30
2017
04

RMTにあたる行為を紹介

お金ストアはRMTにあたる行為を紹介します。パターン1Bさんは、ゲーム内アイテムを買ってくれる人を探そうと思いました。いろいろな人に提案をもちかけるために、ネット掲示板に取引案を投稿しました。また、ゲーム内で提案を叫びました。その日は誰もBさんと交渉をしませんでした。→成立・不成立にかかわらず、示唆行為の時点でRMTに該当します。パターン2「現金をもらうことが禁止なら、ウェブマネーでもいいわ。」Bさんの言葉に従い、Aさんはウェブマネーのシリアル番号をBさんに教えました。→電子マネーも、リアルマネーの一種に該当します。パターン3ゲーム内のアイテムショップで、アイテムを買いたいAさん。しかしまだレベルが低いので、ゲーム内アイテムショップで使えるゲーム内通貨の所持金が少ないです。そんなAさんに、Bさんが言いました。「私、ゲーム内通貨ならたくさん持っているの。でも、今までゲームプレイを続けて貯めてきたんだから、タダでプレゼントする気はないの。2,000円で買わない?」Aさんは、その提案を受けました。Bさんから教えられた銀行口座にお金を振り込み、その代わりとしてゲーム内通貨を手に入れました。→B


30
2017
04

RMTは現実世界に犯罪行為に巻き込まれる可能性がある

お金ストアは「RMTは現実世界に犯罪行為に巻き込まれる可能性がある」について紹介します。ゲーム内アイテムの交換取引なら、交換の手順はすべてゲーム内、もしくは公式に用意したゲームサイト上の機能などで行うことができるでしょう。また、この交換取引は運営チームが正常なプレイとして認めていますので、プレイヤーの皆様がご不快を感じないように、詐欺などを防げるような工夫を加えた交換システムを用意するよう心がけています。しかし、RMT取引にはそういった運営チームの工夫は一切ございません。また、再三申し上げているとおり違反行為となりますので、いかなる問題を被っても、運営チームには救済を行うこともできません。★RMTを斡旋等を行う者が、効率よくゲーム内アイテムや通貨を稼ぐために、楽しくプレイしている皆様のアカウントを乗っ取る「不正アクセス」という犯罪を行っているケースもあります。★「先に現金をください。ゲーム内アイテムは後から送ります」 その相手は、本当に信用できますか?現金を受け取った後、いつまでもアイテムが送られてこないかも…? 先払い交換・後払い交換は、「持ち逃げ」の常套手段です。以上はお金ストアは


30
2017
04

RMTはゲームバランスを崩壊させてしまう

RMTは、オンラインゲームがたくさんのプレイヤーが集まり、各自のゲームプレイがゲーム全体に影響を与えていく特徴を持っています。運営チームは、プレイヤーの皆さんがどのようにプレイするのかを慎重に予測してゲームバランスを調整しています。★たとえば、ゲーム内の通貨を全部集めた時の金額を考えて、剣の値段を考えたり…★たとえば、とあるアイテムを手に入れるためには、10日間かかる難易度だったり…こういった積み重ねを行い、歯ごたえがある楽しいゲームを提供できるよう努めております。ゲームバランスは、RMT行為を想定して調整してはおりません。運営チームが修正できないゲームバランスに陥った場合、本来楽しめるはずだったゲームプレイが行えなくなります。もし、10日間で手に入れるアイテムを、たくさんのプレイヤーがたった1時間で手に入れることができたとすれば、想定していたゲームバランスが崩壊します。結果として、ゲームサービスを終了せざるをえなくなる可能性もございます。


30
2017
04

RMTは違法行為でしょうか?

お金ストアの観点はRMT行為自体が違法ではありませんが、RMTをするために行なう行為で違法なことあります。RMTが認められていないゲーム、コンテンツでRMTを行った場合は著作権法違反、及び運営妨害(営業妨害)に問われますので、違法行為となります。大手RMT業者では、「RMTは法律には触れない」と偽った情報を与えている事もあり、違法ではないと思い込んでしまっている方もいる様です。商売ですから、RMTは違法ですけど、といってしまっては誰も売り買いしませんからね。運営会社さんにも複雑な事情があるんでしょうか。これだけ大々的にRMTが行われる中わたくしが調べた限りで、罪に問われた前例はございません。RMTを個別に取り扱う法律がない事と、立件の前例がない事から問題ない、またはグレーゾーンと勘違いされる方が多い事。「こういった現状も手伝って、やっても大丈夫だ、法律上は問題ないんだ。」と勘違いされる方が多いのも頷けますが「れっきとした犯罪行為。違法行為」となりますのでご注意ください。


30
2017
04

RMTのBOTの対策は可能でしょうか

お金ストアは今回では、「RMTのBOTの対策は可能でしょうか?」について紹介します。現状を見る限りでは、ゲームの運営は、BOTの対策がうまく進んでいないみたいですね。というのも、運営側がBOTに対するアップデートを行ったとしても、業者はとてつもなく速いスピードでその対策をくぐり抜けるBOTを作ります。そして、またその対策をしても、またくぐり抜ける…つまり、業者と運営のイタチごっこになってしまっているのです。また、たとえば技術的な対策として、・セキュリティソフトを用いてBOTをブロックする・サーバー側で「不審な挙動をするユーザー」を強制ログアウトさせる・特定の時間内にレベルが一定値に達したら、レベルアップをストップするという手段をとったとしても、厳密にBOTと正規プレイヤーを区別するのは困難であることから、「なんか急にレベル上がりにくくなったな……」「普通にプレイしていただけなのに、勝手にログアウトさせられた!」といった形で、一般のユーザーがBOTと誤認識されてしまう恐れもあるのです。そうして凍結されてしまうと、いわゆる『誤BAN』されてしまったことになり、凍結されてしまったユーザーは、


30
2017
04

RMTはプレイヤーにも悪影響

これまで、お金ストアはRMTについて紹介してきたわけですが、ここまでの話では、「うーん、それはメーカーが不利益を被るだけで、プレイヤーにはあまり関係ないんじゃないの?」と思うだけかもしれませんね。しかし、それは大きな誤解です。RMTが引き起こす副次的な問題に、BOTによるユーザーのプレイ妨害が挙げられるのです。パソコンと手BOTとは、人間に代わって作業を行うコンピュータープログラムのことを指します。Twitterなどでも、ある時間になったらbotが自動ツイートをしたりしますし、「お役立ち情報BOT」「○○のセリフBOT」などのBOTをフォローしている方も多いですよね。オンラインゲームにおけるBOTも、これと同じような仕組みです。要するに、ゲームを自動的にプレイしてくれるのです。具体的には、BOTを複数台起動させることで、モンスターをひたすら倒し続けるなどの単調作業を24時間永遠と繰り返す…。RMTで売る商品のために、普通のプレイでは滅多に出ないレアアイテムを入手したり、高レベルのキャラクターを人間では不可能な速度で育てたりするのです。似たようなものに、マクロがありますね。しかし、BOT


30
2017
04

RMTが禁止行為の理由

では、そもそもRMTはどうして、禁止行為となっているのでしょうか?お金ストアが紹介致します。このRMTが禁止となっている、最も大きな理由には、RMTによって本来設定していたゲームバランスが崩壊し、メーカー側が不利益を被る恐れがあるという点が挙げられます。MMORPGなどのオンラインゲームは、強い敵を倒してレベルアップやレアドロップを狙い、お金を稼いで装備を整え、また強い敵を倒して……と、時間をかけてゲームを進めていきます。つまり、プレイ時間が多いプレイヤーと少ないプレイヤーで、キャラクターの能力差が大きくなるようにできているのです。基本無料のゲームならばともかく、『ドラクエ10』のように、月額料金の発生するゲームだった場合、プレイ時間が延びれば伸びるほど、メーカーはお金を稼げる、というわけですね。(実際は、サーバーの維持費で多くの利益がふっ飛んでしまうそうです…)ところが、ここでRMTが登場すると、こういったプレイに費やす時間を現実のお金で買えるようになってしまいます。たとえば、本来ならば、ゲームクリアのためにキャラクターを1ヵ月以上かけて育てないといけないところが、RMTによって、お


30
2017
04

RMTはダメでしょうか

RMTはダメでしょうか?個人感情的に当初のRMTはダメではありません。しかし、その後の発展が恐ろしいであります。 RMTは、レベルを上げて能力が高いキャラクターのアカウントや、なかなか手に入らないレアアイテムなどを、ユーザーが他のユーザーに現金で販売する行為だ。オンラインゲームが盛り上がり始めた2000年ごろから日本でも行われるようになった。当初は、時間があるユーザーがレベルを上げたりアイテムを獲得したりして、オークションなどで他のユーザーに販売する個人間取引が主流だった。 「ゲームの付加価値は、ユーザーが創出したセーブデータで、ユーザー同士のデータ交換そのものは規制できない。となると、RMTはどうしても行われてしまう」。時間があってお金のないユーザーと、お金があって時間がないユーザーがいれば、前者が時間をかけてプレイし、そのデータを後者に売り渡すのは、規約に違反しているとはいえ、自然とも言える。 ただここ数年、組織的にレベル上げ・アイテム獲得を行うRMT業者が中国を中心に激増。レベル上げやアイテム獲得を目的とし、「BOT」(ボット)と呼ばれる自動実行プログラムを利用したり、販売時に詐


30
2017
04

RMT現時点での法制化は「意味がない」

お金ストアはRMT現時点での法制化は「意味がない」を紹介します。RMTの扱いは、最終的にはネットの法律問題に行き着くと言う。ユーザーが育てたセーブデータは誰のものか――ゲームメーカーの著作権で守られるべきなのか、データを“育てた”ユーザーが所有権・財産権を主張できるのか、といった問題だ。「ユーザーの財産権を認めると、ゲームを終了できなくなるため、ゲーム会社側が財産権を認めることはないだろう」また、所得税の課税対象とならないのか、国境を越えて取引される場合の関税はどうなるのかなど、RMTで稼いだお金の扱いも論点だ。北米では、Second Lifeなどネットで生み出された利益に対して課税するべき、という議論が盛り上がり、議会で検討が始まっている。韓国では「ヤクザの集団がRMTサイトを地下運用して利益を上げ、批判を浴びたため」、RMTやBOTを禁止する法案が可決されたという。日本でも法整備を急ぐべき、という意見もある。だが「現時点で法制化しても意味はない」と語る。「ここ数年だけでもRMTをめぐる状況は大きく変化し、今後も変動するはずで、今法制化することには意味がない。各国の議論の結果を待つの


30
2017
04

RMTとはなんですか?

RMTとは、ネットゲームなどで、ゲーム内で得られた架空財産を現金で売り買いする行為。リアルマネートレード(Real Money Trade)の略。月額課金の作品などは、数千時間もの膨大な所要時間で何年も課金が必要となる設定となっている場合があり、アイテムや仮想通貨の獲得だけでも膨大な時間を要するため、時間短縮のためこれらを現実通貨で購入する需要が発生する。これを運営企業が提供するものがアイテム課金であり、外部企業が提供するものはリアルマネートレード (RMT) と呼ばれる。リアルマネートレードは、運営会社が規約により禁止するケースが殆どである。運営によってはRMTを行うとアカウント停止(BAN)されてしまうこともあるので、注意。現状で行為自体に法的な問題はないと考えられているが、一方で、RMTによる現金化を目的として他人のゲームアカウントに不正アクセスし、アイテムを盗み出して転売するといった事件が発生し、逮捕者を出している。韓国では住民登録番号制度の関係から減少傾向であるが、ゲーム内通貨や経験値を現金化や現金価値を想定して効率化して稼ぐ様になってしまい、獲物をめぐって戦いになるという弊


30
2017
04

NetEase Games社の四つ理由でRMTを禁止する事

NetEase Games社の四つ理由でRMTを禁止する事があります。1. 各RMT業者の出品物はNetEase Games社の「陰陽師」に対する権利を侵害しています。2. お客様を詐欺する恐れがあります。3.不正アクセス禁止法によって禁じられている。4. NetEase Games社の営業を妨害しています。